北海道地震について海外の反応!実際日本はマジで危険、絶対準備しなきゃいけない防災グッツ!

Pocket

今回の北海道地震、オーストラリアに居る私はネットでしか情報を見る事が出来ませんでした。

今すぐ防災グッツ準備して下さい!!お願いします!!

やらぬ善より、やる偽善だと思い、この記事書きます。

今回のこの”北海道地震マグニチュード7強”は結構ヤバいです。ぶっちゃけて言いますと自分はオーストラリアに居ますし、ニュースも速報も無いので実感は無いです。

実際、友人の韓国人やオーストラリア人、その他海外の友達から連絡が来てヤバさに気づきましたもう海外の人達は日本に近寄りたがって無いのが現実です。こんだけ災害が続けば仕方ないです。

ただ現在の日本の状態がかなり危険だと思い、いま日本に何が起きてるのか?色々情報を探りました。

日本は静穏期から活動期へ。

首都直下型のM8クラスの巨大地震は、約200年周期で発生していると考えられています。その巨大地震の発生後、約80~100年の“静穏期”を経て再び“活動期”に入る。活動期に入ればM7クラスの地震が頻発し、最後にM8クラスの巨大地震が発生します。1923年の関東大震災から現在までの東京が静穏期だとすると、そろそろ活動期に突入する。M7クラスの地震はいつ起こっても不思議ではない。

出典、首都直下型地震「M7クラスいつ起きても不思議ない」と研究者(NEWSポストセブン) – エキサイトニュース

関東大震災1923年に+95年すると2018年、つまり上記の記事によれば、活動期に突入するという訳です、でもあと5年あるじゃんって?もう一度読んでください、80年から100年の静穏期間を経て、ですから。

つまりは既に!今まさに!”活動期”に突入してる可能性大!そして5年後は100%活動期って事です。

※実際に使える防災グッツ下に書きましたので落ち着いて読んでください。

先日9月4日に日本を襲った台風21号、過去25年最大の台風、この段階で『最近災害多くない?日本、と思いませんでした?』

その数日後、本日の北海道地震7強。

こんな感じで書いてる時、読んでいる時はそんなに危機感は無いものです、自分は大丈夫だろう、まさか自分に限って。って”思うんですよ私を含む地球上の人間全員が”

災害に遭う人で、自分は災害に遭うかもしれない!『ほらね、災害に遭った。』なんて人居ません、神かよ。

ただ今現在、日本に居る方が出来る事は、【地震が来た時の為の準備】それ以外はかなり非現実的、例えば今から海外に逃げる。そりゃ一番安全策ですね、オーストラリアなんて地震も台風もほぼゼロですから。

しかしそれはかなり非現実的、なのでコレだけはめんどくさいかもしれませんが防災グッツ準備してください。

もし準備しないで『あの時しとけば、、、、』って後悔した時はあなたが災害で死ぬ前です。

近日中に!ASAPで!必ずコレだけは準備しといてください。

①身軽なリュック(手さげバックとかではなくリュックが良いです。理由は普通に動きづらいからです、そしてリュックの中に下記の物を詰め込んで下さい。)

1日2リットルの水一本(出来れば3リットルの水を3日分が適していると言われていますが重すぎ。)

魚肉ソーセージ、ビスケット類、お菓子(カップラーメンとか考える方も居るかもしれませんが、お湯が必要です、お湯がある場所であれば食料もあるはずです)

携帯電話のサブバッテリー、充電器(地震や災害時、携帯を忘れる確率は低いです、しかし携帯の充電が切れる可能性はかなり高いです。下のサブバッテリーはライト付きな上にかなり充電が持ちます2、3回充電を満タンに出来ます、かなり’お勧めします)

KYOKA 薄型 軽量 大容量 11200mAh LEDライト付き 持ち運び急速充電器USBスマホ モバイルバッテリー iPhone/iPad/Android各種他対応 (ローズゴールド)

懐中電灯とその電池(これは必需、助けを呼ぶ時、音なら遠くまで届きませんがライトなら人が居る事がわかります、生存率が上がります、あと現在は手動で充電できる物もありますので、そちらがあればそっちの方が断然良いです)

(これも生存率を上げるグッツです、はっきり言って遭難中体力を使いすぎないように吹きまくる事はお勧めしません、人が来た時に使用しましょう)

貴重品 パスポート、銀行印、通帳、1万円、クレカ(その時に使えなくても、後々楽です。楽ですが、もし地震発生後にそれらを探して持っていくのはお勧めしません、あなたが本人な限り、あとから銀行、クレカなんて何とでもなりますから、パスポートは普段使わない上に、海外に逃げる場合にもあっさり逃げれます。是非入れて下さい)

トイレットペーパー、ティッシュ(あったほうが確実に良いです、野グソする可能性と応急処置で使う可能性あるので)

消毒液と包帯(これも最悪の場合を想定して止血に使います。)

ナイフ(これは折り畳み式の物でコンパクトな物で良いと思います、サバイバル生活状態になった場合に一番役に立ちます)

マスク(これは自然災害によって発生する毒を回避するために使います)

バスタオルとタオル(止血や枕替わり、毛布代わりにもなります、はっきり言ってこれは入れておくべきグッツの中でも絶対入れておきたいですね。)

下着2日分(もう服はいいです、下着だけは替えを持っておきましょう、病気になる可能性を下げます。)

歯ブラシセット(シャンプーやボディーソープも小さいのがあればいいですがあまりバックに詰め込み重たいと体力が奪われて意味が無いので、歯ブラシセットのみにしておきます。)

蝋燭とライター(電気がすべて遮断され、光が無くなった場合に非常に役に立ちます)

友人家族の電話番号を書いた紙(携帯が壊れる、もしくは充電が無くなれば終わりです)

この辺まで入れるとバックも満杯になるはずです、玄関の近くに置ければ一番理想的ですね。あとは地震、台風が起こった場合逃げる先を考え、調べてて下さい。

地震や自然災害はかなりの確率であなたを襲います。

準備した場合のデメリット。

  1. お金が数千円かかる場合がある、準備に1時間程時間を割く可能性。
  2. 100円均一に行かないといけない。
  3. バックを置くことによって家のスペースが減る。

以上。

準備した場合のメリット。

あなたが災害で死ぬ確率が80%以上減る。

以上。

この記事をシェアしなかった時のデメリット。

  1. 家族友人が災害に遭い、準備させれなかった事を後悔する、そして罪悪感が残る。
  2. シェアボタンを押す10秒程の時間が無駄になる。

この記事をシェアした時のメリット。

  1. あなたの兄弟友人がこの記事を見て準備し、生き残る可能性が上がる。
  2. あなたの知らない誰かが助かる可能性大
  3. 私も記事を見てもらえてうれしい。
  4. やらぬ善より、やる偽善。

これは間違いない言葉です、やらぬ善よりやる偽善。

大至急シェアお願いします!!明日また来る可能性は0%では無いです!偽善です!でも偽善でもいいじゃないですか、やらぬよりは!!

是非!シェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください